▶ ニコニコの夏 ホラー百物語

【2017年】三和交通・タクシーで行く心霊スポット巡礼ツアー #4【第四夜】

\ 心霊スポット巡礼ツアー /

2017年 第四夜【不死身野】

番組情報
  • 放送日:2017/08/19(土)
  • ドライバー:菅井
  • 同乗者:長尾
もくじ

心霊スポット巡礼ルート

スポットレベルはドライバーの菅井さんによる5段階評価です。

スポット1多福寺のゴミ捨て場


到着時間19:00~
スポットレベル発表なし
巡礼回数1回目
スポットの謂れ・噂

お寺の敷地内にあるゴミ捨て場で、生きたまま人が焼かれる事件があったそうだ。

スポット2織部塚(停車のみ)


到着時間47:20~
スポットレベル発表なし
巡礼回数1回目
スポットの謂れ・噂

この塚は、戦国時代に村の開拓に尽くした大井四人衆の一人、新井織部を埋葬し祀ったものと伝えられている。

織部の子孫である新井本治氏の話によると、「昔は塚上に一人では抱えきれないほどの男松があり、地面を這うまでに枝が張ってそれは見事であったそうです。ある時、枝の一本が枯れたので祖父が枝おろしに出かけましたが、切り始めるとノコギリが折れてしまいました。その後、大正初期のこと大雪のため松が倒れてしまったので、仕方なく切り倒して上富の材木屋に売り渡しました。すると松を切った者も、買った者も頓死(とんし)するという騒ぎになり、それ以後は塚のたたりを恐れて松に触れる者はいませんでした。」ということである。

現在、塚上には織部の後裔が建立したといわれる「日神皇」と刻んだ石碑と若木の松があり、村の開拓史を今に伝えている。

近年も木を切って家を建てようとしたことがあるそうだが、設計を始めた途端に亡くなってしまったという。

※頓死とは急死のことです。

スポット3金比羅橋(琴平橋)


到着時間2:49:00~
スポットレベル発表なし
巡礼回数1回目

正式名称は「金比羅橋」ですが、「琴平橋」と呼ばれている。

スポットの謂れ・噂

村が3つ沈んでいる人工湖に架かる橋で自殺の名所。村にあったお墓を移し終える前に湖にしてしまったという噂もあるそうだ。

スポット4世界無名戦士之墓


到着時間5:13:40~
スポットレベル発表なし
巡礼回数1回目
スポットの謂れ・噂

第二次世界大戦で戦死した方たちを供養するために建てられた慰霊塔。

スポット5山水荘


到着時間5:56:10~
スポットレベル発表なし
巡礼回数1回目

「鎌北湖」は農業用貯水池として作られた池で、当時は「山根貯水池」と呼ばれていましたが、第二次世界大戦後に毛呂山町観光協会が「鎌北湖」と名付けました。また別名「乙女湖」とも呼ばれています。

スポットの謂れ・噂

鎌北湖の湖畔にある廃旅館で、本館は2011年に不審火で消失しており、現在は別館のみが残っている状態で、旅館のオーナーである元毛呂山町長は病気を苦に首吊り自殺したという。

番組内で起きた怪異

原因不明の音声などをピックアップしていますが、勘違いの可能性もあるのでご了承ください。
※基本的にはヘッドホンかイヤホンでの視聴が推奨です。

番組の見所

とくに面白かった場面や盛り上がった場面などをピックアップ。

乗車時間とタクシー料金

乗車時間(放送時間)

7時間15分26秒

タクシー料金

80,340円

アンケート結果

アンケート結果
番組アンケート結果
とても良かった
88.2%
まぁまぁ良かった
7.2%
ふつうだった
2.2%
あまり良くなかった
1.2%
良くなかった
1.2%

\ 心霊スポット巡礼ツアー /

2017年 第四夜【不死身野】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる