スポンサーリンク

各ページに”スポットで起きた怪異”という項目を設けて、放送内で私が気づいた”原因がよくわからない音”などを載せていますが、中には「何も聴こえない」という方もいると思うので、私が動画を視聴している環境を一応ここに掲載しておきます。

私の場合はパソコンとニコ生プレイヤーの両方の音量を最大にしても、放送を楽しむ分にはまったく問題はありませんが、怪音を聴くには放送の音が小さいと感じることが多々あるため、ヘッドホンアンプを使って動画を視聴しています。

ヘッドホンアンプとは?

パソコンとヘッドホンの間に挟むことで、無音から爆音まで自由自在に動画の音量を調節することができる。接続はケーブルを挿すだけでカンタン。

現在私が使用しているヘッドホンアンプは[DENON DA-310USB]です。
メリットをカンタンに説明すると2つあります。

[DA-310USB]で得られる2つのメリット

  1. PCノイズシャットアウト
  2. ボリューム調整

通常パソコンにヘッドホンを直挿しすると、パソコンのノイズが少なからず入りますが、[DENON DA-310USB]を使うことでPCノイズがカットされ音声をクリアにし、音量を何倍にも増幅させることができるようになります。

要するに”より確実に怪音に気づくことができるようになります”

ヘッドホンに関しては上を見るとキリがないですが、数千円のものよりは良い音で聴きたいと思い[ゼンハイザー HD599]を使用しています。

アマゾンなどで安くてレビュー数の多いヘッドホンも数個持っていますが、音質は確実に[ゼンハイザー HD599]の方が上です。

ここで紹介した視聴環境だと、動画内で「音がした!」「声が聴こえた!」のようなコメントがある場面でも、そのほとんどが勘違いだということがわかります。

勘違いされやすい音

車・バイク・電車・飛行機・衣擦れ・動物・虫・羽音・反響音・水音・足音など

基本的に”スピーカーでの視聴”やヘッドホンアンプを使わない”ヘッドホン・イヤホンのみでの視聴”で聴き取れない”謎の音声”が聴き取れるようになるため、心霊スポット凸放送が好きな人は、より一層放送を楽しめるようになると思います。

スポンサーリンク
心霊三種の神器の1つ"ファブリーズ"

心霊スポット巡礼ツアー放送開始当初から登場している心霊三種の神器の1つ。ホラー民の中ではもはや定番アイテムとなっています。番組では長尾さんがタクシーやご自身を清めるために"シュッシュッ"と振りかけて使用しています。心霊スポット凸やお部屋の浄化に常備して置くと心強いです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事