心霊スポット巡礼ツアー放送をより楽しむための動画視聴環境
スポンサーリンク

各放送をまとめたページに「スポットで起きた怪異」という項目を設けて、放送内で私が気づいた”原因がよくわからない音”などを紹介していますが、中には「何も聴こえない」という方もいると思うので、私が動画を視聴している環境を紹介します。

ただ放送を観て長尾さんや木村さん達の会話などを楽しむだけなら何も必要ありませんが、心霊好きなら不思議な音や原因不明の音などのチェックもしたくなります。

そこで私の場合はよりクリアで確実に音声を聞くために、ヘッドホンアンプとヘッドホンを使って放送を視聴しています。

ヘッドホンアンプとは
パソコンとヘッドホンの間に挟むことで、無音から爆音まで自由自在に放送の音量を調節できる機材で、接続はケーブルを挿すだけでカンタンに行えます。

私が使用しているヘッドホンアンプは「DENON DA-310USB」というものです。

「DENON DA-310USB」を使うメリット
  • PCノイズシャットアウト(雑音が消えて音声がクリアになる)
  • ボリューム調整(無音から爆音まで自由自在)

パソコンにヘッドホンを直挿しすると、本人は使い慣れていて気づかないかもしれませんが、少なからず電子ノイズが入ります。

しかし「DENON DA-310USB」を使うと、それらの電子ノイズがカットされ放送の音声がクリアになるので、「これは遠くの車の音だ」「これは人っぽく聞こえるけど鳥の声だ」と判断できるようになります。

さらに放送の音が小さくて、「もう少し大きい音で聞きたい」ということがありますが、「DENON DA-310USB」なら放送の音量を2倍3倍と大きくできるので、よりじっくりと音声を楽しめます。

ヘッドホンに関しては上を見るとキリがないですが、数千円のものよりは良い音で聴きたいと思っているので、評判の良い「ゼンハイザー HD599」を使用しています。

Amazonなどで安くてレビュー数の多いヘッドホンも数個持っていますが、音質は確実に「ゼンハイザー HD599」の方が上なのでオススメです。

ここで紹介した視聴環境で放送を視聴すると、動画内で「声が聴こえた!」のようなコメントがある場面でも、そのほとんどが勘違いだとわかります。

勘違いされやすい音声
車・バイク・電車・飛行機・衣擦れ・動物・羽音・反響音・風音・水音・足音など

「DENON DA-310USB」を使えばスピーカーや、ヘッドホンやイヤホンのみでの視聴で聴き取れないような音声も聴き取れるようになります。

私は心霊スポット凸放送が好きなので、心霊スポット巡礼ツアー以外にも年中心霊スポット凸放送を観ていますが、心霊好きであればより一層放送を楽しめるようになるので視聴環境を整えるのもオススメです。

スポンサーリンク
【おばけ探知機】BAKETAN 霊石

超小型おばけ探知機 "ばけたん"は特殊なセンサーにより、空間に存在するおばけをサーチします。

また悪いおばけに遭遇してしまった時の為に、バリアモード機能も搭載しているので、心霊スポット凸の心強いアイテムです。

Twitterでフォローしよう